口コミ FILE No.76

答えはグレーです。

アクアフィリング豊胸を認めていない国もある

アクアフィリング豊胸を認めていない国もある

現在、アクアフィリング(アクアリフト)豊胸やヒアルロン酸豊胸を行っているのは、日本と韓国、そして中国やフィリピンといったアジア圏内です。しかし、実際に行っているからと言って、安全性が確立された豊胸術であるとは言い切れません。
その理由は、アメリカのFDA(日本の厚労省に該当)が、アクアフィリング(アクアリフト)に限らず、豊胸を目的とした充填剤の注入を認めていない点にあります。注入成分であるポリアクリルアミドゲル(PAAG) 、液体シリコン、パラフィン等による慢性炎症、異物性肉芽腫、皮膚潰瘍などの合併症が確認されているのです。
つまり欧米で基本的に許されている豊胸手術は、脂肪注入豊胸シリコンバッグプロテーゼ(乳房インプラント)による豊胸のみ。シリコンバッグ豊胸においては、人工物ではあるものの、シリコンが安全な膜でカバーされているため、破損しなければ危険性はないと考えられています。