口コミ FILE No.56

ヒアルロン酸の種類によっては、溶解液で溶けないものもある

2016.03.29

答えはウソです。

ヒアルロン酸である以上、ヒアルロニダーゼという薬剤で溶かすことができます。つまり、種類によって違ってくるということはありません。
ただし、注入方法が不適切だったり、注入時に出血が多かったり、衛生面の問題から細菌感染を起こしたりした場合、炎症が強くなりヒアルロン酸の周りに厚い被膜が形成され、硬いしこりになることがあります。こうなってしまうと、切開するしかしこりを取り除く方法がなくなってしまいます。